農業

稲刈りと農機具

更新日:


9月21日から稲刈り開始です。

DCIM1060 DCIM1057

今年新しいコンバインを導入しました。
速いのなんの。

でも780万円です。
年間で3週間くらいしか乗らないのに、その辺の高級車より高い(><)

農機具って高すぎて困ります。
稲作に使う農機具とか施設をざっくり書くと、

ビニールハウス400万
種まき関係300万
トラクター500万
田植機500万
コンバイン800万
乾燥機500万
籾すり、選別機200万

そしてこれらの機械を置く倉庫。大きくやるには大きい倉庫が必要。

これでも中規模農家クラスの機械の価格。大規模ならこれの2倍は必要。

他にも草刈り機とか、薬を撒く機械、軽トラor2tトラック、肥料などなど、全部中古で買ったとしても新規参入なんて無理。
他の農家に借りるにしても作業時季が一緒だし、値段が値段だけに故障や事故等が起こると何かと問題も多い。

おまけに燃料代や資材代は高くなってるのに、米価は下がる一方。

農家やめる人は増えるけど、新規参入は厳しい。

いずれ農家は絶滅危惧種に指定されて手厚い保護を受けられるようになるかもしれない・・・(遠い目

-農業

Copyright© ゴーゴーウェブ2代目、伊藤のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.